代々木公園がテラスの家

代々木公園がテラスの家

新規PJ は、代々木公園に隣接しているラグジュアリーなマンションの個人邸のINTERIOR DESIGN。

250㎡を超える部屋のテラスからは、代々木公園のランニングコースが見えます。

テラスからプライベートな入口があり、代々木公園全体が、テラスという感覚に…

まさに、リゾートホテルの様な空間です。

INTERIOR DESIGN の完成が楽しみです。

Y.TAKAGI

75241239_2250888308536416_6856325400075698176_n72481568_2284007791704842_701977946008584192_n



 

XTERRA  WORLD CHAMPIONSHIP  ③

XTERRA WORLD CHAMPIONSHIP ③

「 2019  XTERRA  WORLD  CHAMPIONSHIP 」

無事、完走できました。
2011年から始めたトライスロン、自分なりの、40代の総決算。

まさに「 感無量 」です。

このレースで、2019年のトライアスロン大会の参加は終了。
自分自身、一歩一歩、ライフスタイルを見直して、また、いつか、この舞台に戻ってきたいと思います。

Y.TAKGI74596188_2583282481763633_5459739147952455680_n73310002_2583199598438588_4837742649865666560_n74357792_2583199571771924_4874282041186713600_n73322065_2583199661771915_3859934147397025792_n73302612_2583199741771907_6576194554855161856_n



 

XTERRA  WORLD CHAMPIONSHIP  ②

XTERRA WORLD CHAMPIONSHIP ②

昨年とバイクコースの変更はありましたが…

ジムでのトレーニング中、何度も YouTube で観ていた映像の中で自分自身がレースに参加している。

スイムから、エイジTOP の速さを肌で感じ、レベルの高さに驚愕しながら、レースに参加している。

今までのレースでは経験した事のない高揚感があり、何とも言えない感情が湧き上がってきました。

Y.TAKAGI



 

XTERRA  WORLD CHAMPIONSHIP  ①

XTERRA WORLD CHAMPIONSHIP ①

遂に、2011年から始めたトライアスロン、自分自身としての40代の総決算、「 XTERRA  World Championship 」に参加します。
先ずは、選手登録に行ってきました。

世界40ヶ国・41レースを勝ち抜いたエイジTOP が参加できる世界選手権。
周りは全て、TOP アスリート、プロも合わせて約600名が参加します。
台湾で開催された ASIA  pacific championship で参加者は、約200名なので、規模の大きさを感じます。
オフロードトライアスロンのまさに最高峰、世界選手権大会です。

しっかり自分の名前を確認。
日本人選手団は、11名。

ウェルカムパーティーでしっかり気持ちを高ぶらせます(笑)

Y.TAKAGI74525307_530752501096193_8823652676295196672_n73003529_1015004488839505_4284807589516017664_n74237755_794835617644920_3248238643038388224_n74417325_484643058795042_8564874097777967104_n74696591_897247497373885_7047417458671484928_n73214060_2583202375104977_61107712355729408_n



 

Maui  Resort  Hotel

Maui Resort Hotel

Maui のリゾートホテルを視察してきました。

ホノルルの「 オアフ島 」・IRONMAN の聖地 「 カイルア・コナ 」と行ってきましたが、初めて、
マウイ島に行ってきました。

細かく体感してきた訳ではないのですが、一番ゆったりした時間が、マウイには流れているのかと感じました。

プライベートテラスから目の前が開放的な空間が広がる「 Napili Sunset Beach Front Resort 」
ゴルフ場の中にある「 Kapalua Golf Villas 」
敷地内に幾つものプライベートビーチ・プール、BBQ施設がある「 Napili Shores 」
広大な敷地の中にあるラグジュアリーホテル 「 The Ritz-Carlton KAPALUA 」

其々、楽しみ方でホテルのセレクトがあり、空間構成も参考になりました。

Y.TAKAGI76756813_2279113552194266_8535325830883049472_n74155212_2279113615527593_5658220650536370176_n74319493_414217446188331_4512608102230523904_n75285803_2279113718860916_2234709086547476480_n73185601_2409039642748718_1031732057388089344_n



 

e-bike

e-bike

久しぶりに奥入瀬渓流ホテルに行ってきました。

目的のひとつは、紹介させていただいた、e-bike が導入され、確認。

ヨーロッパでは、すごく人気の e-bike 。

e-bike  が、今まで大変だった上りも楽に、素晴らしい景色なども、疲労感もなく体験できる。
それもクルマなどでなく、自分自身の脚で.体全体で自然を感じる。

これから、ホテル以外でも、e-bike により、色々と新しい環境を作って行ける気がします。

Y.TAKAGI



 

トレイルライド

トレイルライド

今年は2011年から、高島塾の仲間から誘われたトライアスロン、40代の総決算として、目標にしている大会があります。

10月にMaui で開催される、OFF-ROAD トライアスロン 「 XTERAA 」のWorld Championship に参加することが決まり、下りが中々上手くいかないので…
地元のサイクルショップで知り合ったSさんに誘っていただき、「 フジテン」にダウンヒルトレーニング。
ショップの皆さんとは、筑波山の方面にトレイルライドに連れて行っていただきました。

初めて山の中をMTBで走り回ったり、ただ、「 楽しむ 」!!
トライアスロンとは全く違う魅力あるバイクなんだなぁ。
自分でコントロールする、もっと上手くなると更に楽しくなるんだろうなぁ。

Y.TAKAGI72585475_2542256809199534_6856977363226329088_n

71720588_2534553809969834_6120531041946959872_n



 

XTERRA  JAPAN

XTERRA JAPAN

トライスロンでは別々のチームに所属している仲間で、Off-road triathlon  team  「 Gutaro Off-Road 」を作り、
山の中でも目立つ「 囚人ジャージ」を制作。

XTERRA  JAPAN  楽しんできました。

肝心にレースは、ドロッパーポストが上がらなくなるという、メカトラも発生。
制限時間5分足らず、まさかのDNF。
自分でもびっくりしましたが、残念で仕方ないです。
メカトラでも、揺るがないタイムを出さないといけませんね…

仲間と自然の中で楽しめた3日間、良い時間でした。

Y.TAKAGI
70586579_2482059325219283_7967704739750084608_n



 

丸沼高原

丸沼高原

趣味のトライアスロンも、最近は、「 大人の泥んこ遊び 」「 地球と遊ぶ 」と呼ばれる OFF-ROAD Triathlon  「 XTEERA 」にハマっています。
世界40ヶ国 41レースが開催されています。
2019年のアジアツアーでは、台湾・ニュージランド・タヒチ・日本・中国 で開催されます。

3月のアジアに続き、9月に6年振りに、群馬県丸沼高原で開催された「 XTERRA  JAPAN 」に参加してきました。
標高1430m にある丸沼高原で行われる大会は、世界でも5本の指に入るシングルトラックのコースを有する大会です。

スポーツ大会を通して、いろいろな開催会場に行くことも、一つの楽しみになります。
丸沼高原の朝は、神秘的でした。

Y.TAKAGI



 

理想の空間創造

理想の空間創造

品川区の棟内MR 大型リノベーションの完成。

130㎡以上ある物件の魅力をUP するには…
「 + α の価値の創造 」の一部として、水周りの大規模な変更。
使い勝手を考え、I 型 Kitchen を コの字Kitchen に変更、動線計画も改善。

「 住空間 」としての居心地の良さの追求ですが、一言では難しく、動線計画は当たり前であり、カラーコーディネート・家具の配置・素材感・照明計画・インテリアコーディネート … etc.
全ての要因が、バランスが良く、お客様の思いが詰まった空間が、居心地に良さに繋がると考えます。

お客様と時間をかけたコミュニケーションにより、理想の空間が実現するのだろう。

Y.TAKAGI