マザー牧場 いちごトレイル

マザー牧場 いちごトレイル

毎年恒例、マザー牧場で開催された「 いちごトレイル 」に参加してきました。

2016年に参加した 「 IRONMAN Frankfurt 」 以来、2020年 50歳の記念に目指していた「 IRONMAN Portugal 」の大会が中止になり、3種目で一番苦手なRUN 、2008年 トレイルランニングに高尾山城山まで連れて行っていただいて以来、辛くて、全くいく事もなかったのですが…

シンプルに「 楽しく 」トレイルを走り回る事を教えていただいた 【 MURB 竜太練 】 
コロナ禍の中、トライアスロンのトレーニングの代わりに、毎週の様にトレイルを走りまわる事ができました。

その 【 MURB 竜太練 】の2020年 最終イベントとして、「 いちごトレイル 」竜太練の仲間で楽しんできました。

朝スイムでお世話になっている Gutaro Mご夫妻の仲良しの並走ランニングを間近で見る事ができたり、
久々に XTERRA Family に出会えたり、
いつも後続からトライアスロンチーム「 ラプレム 」のメンバーを激励しているまいまいコーチの本気の走りを見る事ができたり(女子総合3位)
いちごなどの仮装で楽しむ竜太練のメンバーを見てニヤニヤする自分がいたり、
最後のBBQ では、竜太C の素敵な報告もあり‥

マザー牧場の自然の中、シンプルにみんなで「 楽しく 」できた1日でした。
やはり、仲間はいいですね。

Y.TAKAGI
133138494_3662535237171680_4914927699034958635_n133817951_3662534923838378_2120049843803159460_n133587601_3662534680505069_7680632012884068213_n134107191_3662534277171776_8217830620397630465_n133750070_3662535253838345_4513130586428045826_n133132612_3662534143838456_2597198880772443384_n133367877_3662534940505043_4828903459290319135_n133779057_3662534583838412_6943282400360950803_n



 

Mt.TAKAO  Trail & Hiking

Mt.TAKAO Trail & Hiking

2020年末は、PJ でバタバタしていて、blog の更新が出来ませんでしたが…

年末はトレイル三昧でした。
「 SALOMON 南町田グランベリーパーク店 」のイベントで、いつもトレイルランニングの練習会でお世話になっている、
サロモンアスリート 岩井竜太コーチのアテンドで、高尾山トレイル & ハイク に行ってきました。

午前中は、走りのレクチャーを受け、南高尾をトレイルランニング。

午後からは、「 Mt. TAKAO BASE CAMP 」でお弁当を作っていただき、1号路からハイク。

竜太C オススメの高尾山名物 「 天狗焼 」を食べて、景色の良い特等席でランチ。

トレランのトレーニングでは、高尾山にはよく来るのですが、ハイクでは初めてでした。
終始メンバーと笑いっぱなしで、高尾山満喫出来ました。

おススメのイベントです。

Y.TAKAGI

132007464_3648561518569052_7573262850618181583_n



 

謹賀新年

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
所員一同、2021年も宜しくお願いします。

新年から予断を許さない状況ですが、各PJ じっくり取り組んでいきます。

写真は藤沢 天嶽院から偶然見る事のできた富士山です。

Y.TAKAGI



 

造園伝統工芸技法  舗装工(インターロッキング)

造園伝統工芸技法 舗装工(インターロッキング)

紅葉で彩られた大学のキャンパスで開催された、造園伝統工芸技法、最後の基礎演習「 舗装工(インターロイッキング)」に参加してきました。

茶室の庭などでつかわれる「 延段(のべだん)」
その基礎を発展させ、現在の公園の造園工事には欠かせない「 インターロッキング 」

自然を相手にする造園工事に中でも、ミリ単位の正確な作業をする事により、仕上がり面の凹凸をなくしていきます。
一番大事なのは、インターロッキングを設置する基礎面だそうです。
基礎の大事には、他の仕事・仕事全体に言える事だと考えさせられます。

伝統工法を実際に学び・体験し仕上げていく、大学のゼミの学生・大学院生は、貴重な勉強ができると実感します。

自分たちで仕上げたインターロッキング、Interior design の空間創造とは、また違った達成感がありました。
実演習は、大変だけど、楽しいですね。

今回、舗装工を教えていただいた、練馬の豊和緑地の講師の皆様、ありがとうございました。

そろそろ、自宅の庭もDIY してみたいですね。

Y.TAKAGIIMG_0903IMG_0906IMG_0912IMG_0918IMG_0921IMG_0924IMG_0927IMG_0931IMG_0933IMG_0939IMG_0952IMG_0956IMG_0966



 

鎌倉紅葉ランニング

鎌倉紅葉ランニング

トライアスロンチーム 「 VENGA VENGA 」のランニングの猛者に混じらせていただき、2020年最後の紅葉ランニングに行ってきました。

お天気に恵まれた鎌倉一円30Kを仲間と走り回る紅葉ランニングは、終始笑いぱなしで、最高の1日でした。

紅葉はまた、来年の楽しみになりますね。

Y.TAKAGIIMG_0138IMG_0114IMG_0770IMG_0125



 

Timeless Comfort

Timeless Comfort

季節の移り変わりを五感を通して体感する。

紅葉の高尾山に行ってきました。
点と線の集合体で構成される空間創造に、どの様にして「 時間 」を入れていくか‥

これは、情報だけでは得る事はできない。
しっかり、1年を通して、自分自身の五感で感じる事。

事務所の掲げる 「 Timeless Comfort 」の概念に通じていくのだと、実感します。

Y.TAKAGI



 

AD CORE  2021 NEW MODEL

AD CORE 2021 NEW MODEL

コロナ禍で、各家具ブランド、新作発表会を開催できない状況ではありますが…
少人数での発表会という事で、ご招待いただき…
AD CORE 本社で開催された「 2021 NEW MODEL 」の発表会に参加してきました。

「 Peace of mind and peace 」
コロナ禍での新作発表は、製品としての安全性・Z世代に向けた提案。

今後の住空間に対しての、INTERIOR DESIGN にも1つにヒントをいただいた気がします。

Y.TAKAGI

126612133_3175331839239095_1259237586465554272_n



 

Mighty Ride

Mighty Ride

地元のジムで「 トライアスロン同好会 」。
週1回のスイム練に参加しています。
ほぼ、メンバーは地元の老舗トライアスロンチーム 「 Mighty 」の練習会ですが…

Mighty  の年1回の大事なイベントライドに誘っていただき、成田まで往復100K ライドに行ってきました。

最近は、トレラン・MTB ばかりだったので、久し振りの100Kライドは、やはり疲労するんだと実感しました。
体力落ちるのは、この歳は早いなぁ(汗)

しかし、天気もよく、千葉の田園風景の中のライドは、気持ち良かったです。

これを機に、シーズンオフではありますが、ロードバイクを乗るきっかけもできたので、トレーニング始めたいと思います。
「 Mighty 」の皆様、ありがとうございました。

S__45768716



 

造園伝統技法  鉄砲垣

造園伝統技法 鉄砲垣

大学院の早野フィールドでの、「 造園伝統工芸技法 」の演習で、「鉄砲垣」の造作を行いました。

鉄砲垣の由来は諸説色々あるようですが…
① 鉄砲垣は、竹を割らずにそのまま並べた竹垣であり、鉄砲を立てかけた形に似ている事からの由来。
② 戦国時代、合戦時に鉄砲隊の柵として使用された事からの由来。

鉄砲垣のベースを造作する1チーム
竹垣の材料である竹を伐採する 4チーム  (私は、伐採チームでした)
(1) 4チームは、管理している竹林から、140本の竹材をチェーンソーを使わず、1本1本を手ノコで伐採。
1本の竹から、約2200mm の長さに 節から150mm に 3〜4等分にカット。
(2) 140本の竹を 太さにより 2〜3本にまとめ、300m 先のトラックに移動。
これが、意外に重く辛いです(汗)
(3)  移動し、H2100mm の長さに、アタマを節に合わせて 1本1本 カット。
ランチをとり、午後から竹垣の造作です。

材料である竹を1本1本、自らの手で伐採、里山の物質循環を身をもって勉強する事、
用意されて物を造作するのではなく、全て、自分たちの手で切り出し、しかも3月の竹の子狩りから、夏の伐採など、管理している竹林から調達。
年間通して、勉強していく学科なんだと、すごく感心と言うか、考えさせられます。

鉄砲垣を教えていただいた、昭立造園さんは、1箇所の鉄砲垣の施工に、2人工だそうです (驚)
そうだよなぁ、それじゃなきゃ、金額も合わないよなぁと考えさせられます。
※  カットもされている竹材を使ってではありますが… (切り出しはしませんよね 笑)

まだまだ自分自身は、若いと自負していましたが…
ゼミの学生のパワーはスゴいと、実感します。

鉄砲垣は、夕暮れの時間切で、縛りが未完成でしたが…
何か、空間造りとは違う、達成感がありました。

ベースの親柱・胴縁は、約10年。
縦子の竹は、約 5 〜 6年で劣化してしまうそうです。
住宅などの塀には、予算を考えると、味気ないプラスチックの塀や、RC造の塀になってしまいますかね…。

縛り、造作など、随所に伝統技法を教えていただきました。
伝えていかなければいけない、技法だと実感しました。

Y.TAKAGI
125325961_3550509455040926_8620769955538100508_n
125355861_3550510045040867_2360982974457569670_nS__12673102S__87269402125467440_3550509758374229_8435370533776437950_nS__12673106S__12673113_0S__12673112S__12673121S__12673125125368310_3550514041707134_2187724131026223352_n125379879_3550510021707536_1641045995147752858_n125378482_3550510161707522_6421432958833777232_n125318952_3550509461707592_8693639861300906489_n



 

Ametsuchi :天地 Trail running tour

Ametsuchi :天地 Trail running tour

トレイルランナー星野さん夫妻が、日光で運営している 【 Ametsuchi  天地 】
星野由香里さんのガイドで、東武日光駅 〜 霧降高原 大山ハイキングコースを、紅葉トレイルランニングしてきました。
マックラ滝・霧降の滝などを見ながら、紅葉の中を走り回るのは、この季節の贅沢なトレイルです。
2020年は中止になってしました「 日光国立公園マウンテンランニング大会 」
この大会に参加したい為に、1月からトレイルランニングを始めたので、今回の星野さんのツアーは、大会コースでもある、
旧霧降牧場の下りのランニングは、気持ち良く、高原ハウスからの名物1445段の 「 天空回廊 」の階段は、大変でしたが、
登り切り見えた壮大な景色は、圧巻でした!!
あっという間の 5時間のトレイル、25K / 獲得標高 1355m。
朝一の特急に乗り、1日中、日光のトレイルを満喫して、夕方には、浅草に到着。
おススメのトレイルツアーでした。
星野さん、ありがとうございました。

Y.TKAGI

123523777_3526104157481456_284323432897676936_n
S__12501007
S__17072134
123813670_3526104044148134_6820123528879640690_n
S__17072152
123662220_3526104097481462_2138049580709493772_n
S__17072151